2018年(平成30年)第91回日本整形外科学会学術総会(5月24日―27日、神戸)

前川麻人 PI(pelvic incidence)が立位座位の腰椎・骨盤矢状面アライメント変化に与える影響
西村浩輔 DISHが嚥下に及ぼす影響
関健 嚥下障害を生じた頚椎前縦靭帯骨化症患者の頭蓋頚椎矢状面アライメントの評価
岩城敬博 脊椎後弯症における立位と座位の脊椎矢状面アライメントの変化
髙松太一郎 腰椎変性側弯と矢状面アライメントのX線学的検討
遠藤健司 髄脊髄液減少症―難治性むち打ち損傷患者に髄液漏れが発生しているのか―
松岡佑嗣 腰椎術後感染早期再手術発生における危険因子の検討
関健  頚椎後縦靭帯骨化症に対する椎弓形成術後後弯発生と全脊柱矢状面アライメントの検討
粟飯原孝人  同一術者による腰椎内視鏡下除圧術後10年以上の長期成績―日整会腰痛評価質問票(JOABPEQ)を用いた解析―

2018年(平成30年) 第47回日本脊椎脊髄病学会(4月12日―14日、神戸)

遠藤健司 頚椎前方固定術後の後方要素制動性の検討
小西隆允 ヒト椎間板細胞におけるIL-1により誘導される内因性IL-1の発現制御
関健 頚椎後縦靭帯骨化症に対する片開き式椎弓形成術術後後弯発生と全脊柱矢状面アライメント、骨化形態の検討
粟飯原孝人 腰椎内視鏡下除圧術後10年以上の長期成績 ―同一術者による日整会腰痛評価質問票(JOABPEQ)を用いた解析―
日下部拓哉 ヒト椎間板細胞におけるNGFおよびMMPs発現制御におけるDUSP1の関与
日下部拓哉 立位・座位による頚椎矢状面アライメント変化の検討
遠藤健司 首下がり症の全脊椎矢状面アライメントと治療戦略
松岡佑嗣 近井型CSAにおける頚椎及び全脊椎矢状面アライメントの検討
小西隆允 首下がり症候群における頚椎前後屈が全脊椎矢状面アライメントに与える影響
村田寿馬 腰部脊柱管狭窄症患者における脊椎矢状面形態とサルコペニアの関連
小林浩人 骨盤形態角から見た頚椎変性すべり症の矢状面アライメントの検討―各個人国有の骨盤頚形態角は術式の指標となるか?-
松岡佑嗣 頚椎広報固定術後の隣接椎間障害についての検討

2017年(平成29年)脊椎インストウルメンテーション学会

松岡佑嗣 頚椎後方固定術後の隣接椎間障害についての検討
高松太一郎 PIが腰椎変性側弯に与える影響
関健 OPLLの椎弓形成術術後後弯とアライメント
西村浩輔 嚥下障害をきたしたDISH患者の頚椎矢状面アライメントの特徴

2017年(平成29年) 第46回日本脊椎脊髄病学会(4月13日―15日、札幌市)

遠藤健司 斜頸を合併した首下がり症候群の検討
堀江真司 頸椎後縦靭帯骨化症に合併したびまん性特発性骨増殖症の骨代謝因子の検討
鈴木秀和 脊髄腫瘍手術例における診断の遅れについての検討
岩城敬博 腰部脊柱管狭窄症の筋量と歩行速度の検討
澤地恭昇 ヒト椎間板細胞におけるPGE1/2によるNGFおよびMMP-1発現抑制機序におけるDUSP1の関与
鈴木秀和 座位におけるspinopelvic harmony(PI-LL)の意義
前川麻人 ストレートネック発生と全脊椎矢状面アライメントの発生
西村浩輔 頚椎後弯では立位と座位で頚椎矢状面アライメントは異なる
田中英俊 首下がり症の保存治療成績と病態の検討
遠藤健司 頚椎椎弓形成術における椎弓プレートの有用性
小西隆允 頚椎前後屈が全脊椎矢状面アライメントに与える影響
村田寿馬 頚椎変性すべりと頚椎台形化,全脊柱矢状面アライメントの関係
松岡佑嗣 片開き式頚椎椎弓形成術の術後後弯発生には体幹の negative offset が関与する
武 王基 腰部脊柱管狭窄症患者における脊椎矢状面形態とサルコペニアの関連

2016年(平成28年)Spine week 2016(2016年5月16日-20日、シンガポール)

Endo K The difference of total spinal sagittal alignment between up right and stepped position
Suzuki H Impact of lumbar degenerative spondylolisthesis on lumbo-pelvic alignment in sit-to-stand motion
Sawaji Y Protective role of porstagrandin E1 for disc degeneration by reciprocally regulating collagenases and their endogenous inhibitor TIMP-3 in human intervertebral disc cells.
Matsuoka Y Lumbo-pelvic negative mismatch contributes to cervical kyphosis after laminoplasty
Murata K The impact of flat back on patients with persistant low back pain after spinal fusion
Murata K The relationship between gait and spinal sagittal parameters in patients with low back pain
Murata K Cervical alignment after shortning vertebroplasty for vertebral fractrures in thoraco-lumbar region
Tanaka H Therapeutic strategy and pathosis of dropped head syndrome

2016年(平成28年) 第45回日本脊椎脊髄病学会(4月14日―16日、千葉市)

小西隆允 腰椎固定術後の歩行時脊椎矢状面アライメント変化
村田寿馬 胸腰椎椎体骨折椎体形成術後の頸椎balance不良の発生要因
堀江真司 DISHを合併した頸椎後縦靭帯骨化症の骨密度及び骨代謝の特徴
田中英俊 後弯変形に伴い進行する頚椎症における台形化椎体の臨床的意義
日下部拓哉 脊椎後弯症患者における歩行時の脊椎矢状面アライメント変化
遠藤健司 腰椎変性疾患患者の脊椎矢状面アライメントと歩行分析
西村浩輔 アライメント不良を伴う頚髄症に対する後方固定術後の術後成績
澤地恭昇 プロスタグランジンによる椎間板変性制御機構の検討ーヒト椎間板細胞におけるMMP-1/-13発現に着目してー
村田寿馬 斜頚を合併した首下がり症候群の病態
遠藤健司 首下がり型頸椎症における前屈位頸椎矢状面アライメントの特徴
田中英俊 首下がり症の保存治療成績 -改善例と非改善例の比較-
松岡佑嗣 頸椎椎弓形成術の術後後弯発生因子の検討
松岡佑嗣 単椎間腰椎後方椎体間固定(PLIF)後の隣接椎間障害発生と全脊椎alignmentとの関係
鈴木秀和 当科における腰椎術後感染早期再手術例の検討

2015年(平成27年)第24回日本脊椎インストゥルメンテーション学会(2015年11月6日-7日、新潟)

村田寿馬 首下がり症の頭蓋頚椎移行部および頚椎のkinemaics
西村浩輔 片開き式椎弓形成術に対する椎弓プレートの有用性
松岡佑嗣 頸椎椎弓形成術の術後後弯発症と全脊椎alignmentの関係

2015年(平成27年)第88回日本整形外科学会学術総会(2015年5月21日―24日、神戸)

村田寿馬 脊椎後彎矯正術後の頸椎アライメント不良の発生要因
村田寿馬 特発性dropped head syndromeの形態分類に基づく至適固定範囲の検討
鈴木秀和 神経圧迫を伴わないpedicle subtraction osteotomy術後下肢筋力低下例の検討
田中英俊 頸椎手術後における早期合併症の検討
西村浩輔 上位腰椎のvacuum phenomenonと終板変性の併存は全脊椎矢状面バランス不良を示唆する
遠藤健司 首下がり型頸椎症におけるchin-on-chest位のX線画像の特徴

2013年(平成25年) 第42回脊椎脊髄病学会(4月25日―27日、沖縄那覇)

遠藤健司 日本人と西欧人の標準的脊椎矢状面アライメントの違い
遠藤健司 脊椎後弯矯正手術後のsagittal spinal imbalance
遠藤健司 座位における前後屈・腰椎・骨盤矢状面アライメント
田中英俊 軽度後弯を伴う頚椎症に対する後方椎弓形成術と前方法との比較
田中英俊 頚椎MRI画像にて圧迫側と対側の上肢神経症状を呈する症例の検討
田中英俊 首下がり症の病態と治療戦略
小林浩人 脊柱骨盤矢状面アライメント(SSPA)のPelvic Incidence(PI)とPRS1の互換性の検討
小林浩人 腰椎変性すべり症手術症例と正常ボランティアの脊柱骨盤矢状面アライメントのRouusouly分類を用いた検討
鈴木秀和 高齢腰椎分離すべり症患者の脊柱矢状面アライメントの検討
西村浩輔 頸椎症性脊髄症の歩行解析
宮本泰典 馬尾型腰部脊柱管狭窄症の脊椎アライメント・骨密度とQOLの関係
依藤麻紀子 脊椎固定術後の脊柱矢状面アライメント(flatback)と術後遺残性腰痛の検討
中島大介 人工股関節全置換術後の脊椎・骨盤矢状面アライメントの検討

第86回日本整形外科学会学術総会(2013年5月23日―26日、広島)

遠藤健司 立位・座位における腰椎・骨盤矢状面アライメント動態解析
田中英俊 軽度な後弯を伴う頚椎症に対する後方椎弓形成術の適応と問題点
―前方法との比較―
田中英俊 首下がり症の病態と治療戦略
小林浩人 腰椎変性すべり症の骨盤形態角と仙椎傾斜を中心とした脊柱骨盤矢状面アライメントの検討(Rouusouly分類を用いて)
小林浩人 Pelvic ParameterであるPelvic Incidence(PI)とPRS1の互換性の検討
鈴木秀和 高齢腰椎分離すべり症患者の脊柱矢状面アライメントの検討
酒井晋介 頚部脊髄症患者の有する腰痛
—日本整形外科学会腰痛疾患質問票JOABPEQを用いた検討—
西村浩輔 び慢性特発性骨格骨化症(DISH)における脊椎矢状面アライメントの特徴
宮本泰典 馬尾型腰部脊柱管狭窄症の脊椎アライメント・骨密度とQOLの関係
水落 順 高齢者腰椎・骨盤アライメントと腰仙椎可動域について
依藤麻紀子 脊椎固定後遺残性腰痛と脊柱矢状面アライメント(フラットバック)の検討

国際腰痛学会(ISSLS,5月アリゾナUSA)

Nishimura H, Endo K The lumbo‐pelvic sagittal alignment and early adjacent segment disorder after plifin patients with lumbar degenerative spondylolisthesis
Suzuki H Spino‐pelvic sagittal alignment in elderly patients with isthmic spondylolisthesis
Suzuki H Facet orientation in patients with lumbar degenerative spondylolisthesis
Sawaji N A novel pharmacological action of prostaglandin E1 for intervertebral disc degeneration and innervation
Yorifuji M Spino‐pelvic sagittal alignment in patients with postoperative persistent low back pain