大正5年創設 都心にある病院 東京医科大学 整形外科ホームページ

脊椎後縦靭帯骨化症、黄色靭帯骨化症(せきついこうじゅうじんたいこっかしょう、おうしょくじんたいこっかしょう)

脊椎にある靭帯に骨が発生してしまい脊髄を圧迫している状態です 骨ができやすい体質の人が、発症し家族的素因があり …

頚椎前方固定術(頸椎椎弓形成術)

椎弓形成術は、日本で開発された後方椎弓を形成的に温存した脊柱管拡大手術です。 頸椎前弯の強い高齢者の多椎間狭窄 …

腰椎椎間板症(ようついついかんばんしょう)

脊椎の間にある、椎間板が加齢性変化で変性して安定性が悪くなって痛みが発生しています。 椎間板は、10代後半から …

脊椎圧迫骨折、脊椎後弯症

骨粗鬆症による圧迫骨折や変形によって腰曲りが発生し、その部分の骨癒合が得られない場合や強い変形が残存する場合に …

頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

年齢の変化によって、骨や軟骨が突出して神経を圧迫しています。 首が後屈する姿勢はよくありません。洗濯物、拭き掃 …

肩こり

肩こりは、厚生省の有愁訴率で女性第一位、男性第二位となるくらい国民の多くにとって身近な存在です。肩こりは、肩の …

脊髄腫瘍

脊髄神経やその周囲の組織から発生した腫瘍によって神経が圧迫され痛みや麻痺が出現します。原因ははっきりわかってい …

錘体路(皮質脊髄路)

錘体路は随意運動を担当すると考えられており、その起源の一次運動野にベッツ細胞 (Betz cell) と呼ばれ …

脊髄電気刺激療法 (Spinal cord stimulation SCS)

近年の医療の進歩のひとつに、脊髄に圧迫や狭窄がないのに発生する四肢神経痛、脊椎外傷後、脊椎手術後の遺残性疼痛に …

頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

年齢の変化によって、骨や軟骨、靭帯が肥厚して神経を圧迫しています。       …

頚椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんへるにあ)

椎間板の加齢性変化によって脱出し神経を圧迫して痛みになります。 多くは、数週間から3ヶ月で自然軽快します。 首 …

むち打ち損傷

難治性のむち打ち損傷は、就業困難、抑うつ、不眠などが発生し、交通事故被害者だけでなくご家族まで巻き込んだ不幸な …

脊髄視床路(痛みの伝導路)

痛みの伝導路は、侵害受容器(神経細胞一次ニューロン)が痛み刺激を受けた後、 →脊髄後角(二次ニューロン)→視床 …

胸郭出口症候群

胸郭出口とは、鎖骨と肩、頸部周囲の筋肉の隙間のことで、過労やストレスによる筋緊張や不良姿勢によって,それぞれの …

脊髄終糸症候群と腰椎椎間板ヘルニア

脊髄終糸症候群(Tight Filum Terminale; 以下TFT)と腰椎椎間板ヘルニア(以下LDH)は …

« 1 6 7 8

脊椎グループ


Ⅰ.ヒポクラテスの「医の誓い」

Ⅱ.扶氏医戒之略(安政4年春正月 緒方洪庵)


脊椎班スタッフ

遠藤 健司(班長)
松岡 佑嗣(兼任助教)
高松 太一郎(グループ長)
村田 寿馬(グループ長)

前川 麻人
山内 英也
金澤 慶

澤地 恭昇(学術、基礎研究)

粟飯原 孝人(兼任講師)
鈴木 秀和(兼任講師)

出張中
小林 浩人(島田台病院)
西村 浩輔(八王子医療センター)
酒井 晋介(茨城医療センター)
小島 理(小島整形外科)
関 健(戸田中央病院)
日下部 拓哉(信濃医療福祉センター)
小西 隆允(八王子医療センター)

 

対象疾患
寝違え(寝返り)
脊髄電気刺激療法
(Spinal Cord Stimulation SCS)

腰部脊柱管狭窄症
腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板症
腰椎分離症
頸椎症性脊髄症
頸椎症性神経根症
頚椎椎間板ヘルニア
脊椎後縦靭帯骨化症
骨粗鬆症
圧迫骨折
椎体圧迫短縮
側弯症
脊髄腫瘍
化膿性脊椎炎
係留脊髄
前方固定術
胸郭出口症候群
椎弓形成術
錘体路(皮質脊髄路)
脊髄視床路(痛みの伝導路)
肩こり
脊髄終糸症候群
頸椎椎弓形成術
むち打ち損傷
(外傷性頚部症候群)
内視鏡手術
セメント注入手術


学術関連
学会発表
英文論文
和文論文
脊椎アライメント
計測一覧
NGF(神経成長因子)
スタンダール症候群
フラットバック
歩行分析
慢性腰痛
骨化疾患
骨代謝と物理刺激
抄読会記録
留学体験
書籍

PAGETOP
Copyright © 東京医科大学 整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.