首下がり症 dropped head syndrome

 首下がり症は、首と背中の間にある筋肉の筋力低下のため、前を見ることがつらくなります。動作維持困難症と言うことができます。

 急に起こることもありますが、肩が凝っているような違和感から始まり、症状が軽いためこの状態で気がつく人はあまりいません。その後、頭部が重く感じるようになり、前にかがんだような状態になり、頭を無理に上げようとすれば、首や背中に痛みを感じます。このような状態は、日常生活の質を著しく低下させます。歩きにくくなったり、ご飯を飲み込む(嚥下)ことや呼吸するのも苦しく感じる人もいます。

原因のチェックが大切で、頚椎症や、加齢以外にも病気が原因で起こる場合があります。 主な疾病は、パーキンソン病・ジストニア(筋肉が緊張し続ける)・ミオパチー(筋肉の力が弱くなる病気の総称)などがあります。

検査は、採血、骨密度、筋量を計測し、MRIや筋生検(筋肉の組織)、エコーを使用して筋肉の収縮状態を分析することで、診断します。

早期の診断と治療が大切です。

対策は、

①バランスの良い栄養をとること。サルコペニアと多く合併します。

②首を支えている筋肉の多くは、肩と肩甲骨から発生しているので、首を動かすよりも、肩甲骨を動かすことが大切です。また、腰から曲がっている人は骨盤から姿勢を正さないと首が安定化しません。

治療は、お薬、装具、バンドなどありますが、運動、リハビリが大切です(下記図)

それでも、生活の質が保てない場合は、手術を考慮します。

【手術手術実績】

 

【参考文献】

1)遠藤健司, 村田寿馬, 鈴木秀和, 西村浩輔, 田中英俊, 山本謙吾:首下がり症候群の病態と分類. 脊椎脊髄ジャーナル 28,936-941,2015

2)遠藤健司、田中英俊、宮本泰典、小島 理、西村浩輔、山本謙吾:首下がりの病態と治療. 関節外科、33,472-477,2014

3)Endo, K., Kudo, Y., Suzuki, H., Aihara, T., Matsuoka, Y., Murata, K., … & Ishikawa, K. . Overview of dropped head syndrome (Combined survey report of three facilities). Journal of Orthopaedic Science, 24(6), 1033-1036.,2019.

4)Murata K, Endo K, Suzuki H, Takamatsu T, Nishimura H, Matsuoka Y, Sawaji Y, Tanaka H, Yamamoto K.:Spinal Sagittal Alignment in Patients With Dropped Head Syndrome.Spine (Phila Pa 1976). 2018 Nov 1;43(21):E1267-E1273

5)Murata K., Endo K., Aihara T., Suzuki H., Matsuoka Y., Nishimura H.,Takamatsu T., Kusakabe T., Maekawa A., Uehara T., Yamamoto K:Relationship between cervical and global sagittal balance in patientswith dropped head syndrome, Eur Spine J  29, pages413–419 (2020)

6)  Kusakabe T, Endo K, Sawaji Y, Suzuki H, Nishimura H, Matsuoka Y, Murata K, Takamatsu T, Maekawa A, Aihara T, Yamamoto K. Mode of dropped head syndrome and efficacy of conservative and efficacy of conservative treatment. J Orthop Surg (Hong Kong). Jan-Apr 2020;28(2):1-7.  https://doi.org/10.1177/2309499020938882

7) Kudo Y, Toyone T, Endo K, Matsuoka Y, Okano I, Ishikawa K, Matsuoka A, Maruyama H, Yamamura R, Emori H, Tani S, Shirahata T, Hayakawa C, Hoshino Y, Ozawa T, Suzuki H, Aihara T, Murata K, Takamatsu T, Inagaki K. (2020). Impact of Spinopelvic sagittal alignment on the surgical outcomes of dropped head syndrome: a multi-center study. BMC Musculoskeletal Disorders21(1), 1-10.

8) Konishi, T., Endo, K., Aihara, T., Suzuki, H., Matsuoka, Y., Nishimura, H., … & Sawaji, Y. (2020). Global sagittal spinal alignment at cervical flexion in patients with dropped head syndrome. Journal of Orthopaedic Surgery28(3), 2309499020948266.

【毎日新聞、読売新聞で首下がり症の紹介がされました】

https://mainichi.jp/articles/20200318/ddm/013/040/010000c

肩こりのいま(3)筋力低下 首下がり歩けず

 

※受診希望の方は↓のリンクを参照ください

https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/seikei/index.html

【早期診断と治療が大切です】