大正5年創設 都心にある病院 東京医科大学 整形外科ホームページ

診療内容

整形外科では、運動器の病気あるいはスポーツによる病気やけがを治療し、健康を守る役割を果たします。運動器とは、骨および関節・筋肉・脊椎脊髄・手足の神経および血管などをひとまとめにした呼び方です。障害を対象に扱います。手、足や背骨などの身体に痛みがある場合や、けがをした時には、早い機会に整形外科専門医の正しい診察と治療を受けることをお勧め致します。 対象疾患としては、以下の通りです。

脊椎および脊髄の病気

斜頚・椎間板ヘルニア・脊椎および脊髄腫瘍・脊椎分離およびすべり症・後縦靭帯骨化症・脊椎側湾症・変形性脊椎症・脊柱管狭窄症・脊椎骨折および脱臼

関節の病気やけが

○変形性関節症・臼蓋形成不全症・先天性股関節脱臼・大腿骨骨頭壊死・膝関 節半月板損傷および靭帯損傷・ペルテス病・リウマチ一般
○骨折や捻挫などの外傷(骨折や骨・関節・腱・靱帯に関するけが・上肢および 下肢の変形治癒矯正)

足の外科

先天性内反足・有痛性扁平足・外反母趾・スポーツ外傷・障害

上肢の病気およびけが

肩関節脱臼・反復性肩関節脱臼・肩腱板損傷・五十肩・野球障害肩・手の病気やけが

スポーツによる外傷・障害

スポーツに起因する上肢・下肢すべてのけが。捻挫・脱臼・骨折・野球肘・テニス肘など

骨粗鬆症

骨密度を調査

骨・軟部腫瘍

体幹・四肢の皮膚、筋肉、血管、神経、骨、関節軟骨 等に発生する腫瘍性疾患

お問い合わせはこちら TEL 03-3342-6111 (内線:5861) 平日(月~金)午後1時~午後3時

PAGETOP
Copyright © 東京医科大学 整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.