腰椎椎間板注射療法(髄核)融解術(ヘルニコア、コンドリアーゼ)

 

腰椎椎間板ヘルニアは、多くは自然に吸収されるため、手術をしなくとも3か月程度で自然に改善することが多い疾患です(下写真)。そのため、初期は、足の麻痺や尿の障害などがでなければ、ブロックや内服、理学療法などの疼痛処置をしながら自然軽快を待つのが最も合理的と言えます。しかし、中にはヘルニア自体が硬く自然吸収されないものが存在します。今までは、レーザーや内視鏡手術といった治療が行われていましたが、2018年4月から。局所麻酔で椎間板を構成する髄核を融解することで、脱出したヘルニアの圧を下げ疼痛を緩和させるヘルニコア(コンドリアーゼ)が開発され臨床での使用が許可されました。適応は、適応:内服、神経根ブロックで効果が無かった、後縦靭帯下脱出ヘルニアで、レーザーと異なり保険適応され、またヘルニア摘出術より手術費用も少なくてすみます。即効性は少ないですが、侵襲が少ないのが特徴です。保存的治療と手術治療の中間的存在と考えることができます。新規治療なので、脊椎外科の専門医のいる施設で行うことが義務付けられています。

脊椎班だよりの関連記事(腰椎椎間板ヘルニア)にジャンプ

脊椎班だよりの関連記事(椎間板(髄核)融解術)ジャンプ

脊椎班活動

ヘルニコア治療についてはこちらの資料を参照下さい。
『ヘルニコアの治療を受けられる方へ』(PDF)

 

当院をはじめて受診される方へ