大正5年創設 都心にある病院 東京医科大学 整形外科ホームページ

 

 こんにちは。私たちは東京医科大学整形外科の「スポーツ・関節鏡グループ」です。

私たちは、スポーツを愛するすべての患者さんが最良の医療を受け、一日でも早く・安心かつ安全にスポーツに復帰できるよう全力でサポートを行っています。

  ご存じの通りアスリートが置かれる環境は特殊であり、けがをすると早期の復帰が望まれると同時に、復帰後には十分なパフォーマンスを発揮することが要求されます。また、アスリートの競技種目・レベル・日程・年齢・発育状況など様々のことを考慮して治療が行われなければなりません。

  私たちはアスリートの環境をできるだけよく理解し、個人個人にあったメディカルサポートを選択しています。 チーフである香取庸一医師は現在「Jリーグ 鹿島アントラーズ」にてもチーフドクターを務めており、トップアスリートに対する診断・治療経験がとても豊富です。サッカーに限らず数多くのアスリートのサポートを行っており、関節鏡を中心とした下肢の治療のエキスパートです。

  香取医師を中心に私たちのサポートは「スポーツを愛するすべての方」はもちろんのこと、関節鏡手術などによる早期の社会復帰が必要な方・小さな傷での手術を希望する方など、最小侵襲での治療が望めるすべての方々に対して行われます。 選手や患者さんの気持ちを理解できるよう丁寧な診察を心掛けておりますので、お気軽に整形外科外来までお越しください。

スポーツ関節鏡グループの手術

外来について

お問い合わせはこちら TEL 03-3342-6111 (内線:5861) 平日(月~金)午後1時~午後3時

PAGETOP
Copyright © 東京医科大学 整形外科 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.